ホワイトニングの痛みはどれくらい?和らげる方法は?

ホワイトニングで白くなる過程

「ホワイトニングで真っ白な歯になりたい!でも痛いのかな…。」
そんなふうに悩む人は多いでしょう。
私もその一人です。

今回は、ホワイトニング施術時の痛みについて迫ってみましたよ(*’▽’)

施術前に唇にワセリンを塗ってもらいましょう!

ホワイトニングを始める準備段階で、「開口マウスオープナー」という歯をむきだして見えやすくする工程があるのですが、その時に結構グイっと広げられるので唇がカパカパに乾いているとブチっと切れて、とても痛い思いをします。

これを防ぐには施術に入る前にリップやワセリンで唇を保護する必要があります。

優しいスタッフさんに当たれば、ワセリンを塗ってくれますが大体は塗ってくれません。自ら「唇が切れやすいのでワセリンを塗ってほしい」と自己申告するのが確実です。

特に「唇の端」が切れやすいので、たっぷり塗ってもらいましょう。

徐々にジワジワとしびれるような感覚になっていく

LEDライトを当てているところ

薬剤を塗ってから暫くすると、ジワジワと歯が熱いような…しびれるような感覚になっていきます。
慣れないとちょっと不快に思うかもしれませんね。
ただ薬剤が歯に浸透してきている証拠でもありますよ。

微量の電気が流れるような痛みに変わる

しびれるような感覚の後は、ビリビリと微量な電気が流れるような感覚に変わっていき、若干の痛みもでてきます。

初めての場合、ちょっと辛いと感じるところでもあるでしょう。でも定期的にスタッフさんが様子を伺いに声掛けをしてくれるので、そこまで身構える必要はなし!

もしどうしても辛いと感じたら、途中で中断もできますよ。
といっても、医療機器の進歩はとても速いので今のホワイトニングでは施術中の痛みが大幅に減っています。

私自身「これを後どれくらい我慢しなきゃならないのだろう」とドキドキしましたが、スタッフさんからの細かい声掛けや優しい気づかいに安心して最終的には痛みはさほど気にならなくなりました。
約20~30分くらいですかね、割と早かったなという感覚で不満なく終われたことを覚えています。

歯医者さんは怖くない!気軽にホワイトニングを始めてみよう♪


歯医者といえば怖いというイメージもまだあるようですが、それは昔の話。
現在の歯科医の先生方は優しくおおらかな方が多いので、こちらが不安に思ったことや疑問に思ったことも丁寧に答えてくれるので、安心してくださいね。