ホワイトニングの歯医者選びのコツを3つ解説します。

デンタルクリニック

美しい白い歯になりたいと考える人はかなり増えています。
それに伴ってホワイトニングする歯医者が大半となっています。

歯医者は最近、コンビニよりも多く建ち並んでいることで日本では有名ですね。

だからこそ、いざホワイトニングをやってみたいと思っても、どこに行くべきか迷ってしまうのが実情ではないでしょうか。

そこで、ホワイトニングをやってみたい方にオススメの、歯医者選びのポイントを伝授したいと思います。

いざホワイトニングするならば気になるのは?

トータル費用や期間、痛みはどの程度あるのかという点ではないでしょうか?

一口に“ホワイトニング”といっても使う薬剤も様々。
痛みの有無や効果、料金にも違いはあります。

納得できる結果を得るために大切なのが、歯医者選び

真っ白な歯

1、どんな対応をしてくれるか?

ホワイトニングに関して豊富な実績があり、頼りになる医師や歯科衛生士がいるかで判断しましょう。

まずはカウンセリングを受けたり相談してみて、こと細かく分かりやすい説明をしてもらえるか確かめておくべきです。

対して説明もせずにすぐに施術させようとしてきたり、薬剤にや料金、何回程度で白くなるか説明がないところは選ぶべきとは言えません。

2、回数

回数を事前に確認することがオススメです。

なぜなら、歯医者によってホワイトニングが1回で終了してしまうものと、数回にかけて通院するものに分かれているからです。

1回でホワイトニングが終了するならともかく、通院となると、自宅や職場から近く、予約も取りやすいような歯医者に絞って検討した方が良いでしょう。

3、金銭面ももちろんチェック!

値段も歯医者によって大きく開きが出てきます。

当然ホワイトニングは半永久的な効果はなく、食事など日々の生活を送ることで、またちょっとずつ歯が黄ばんできてしまいます。

そうなれば再び「ホワイトニングに行こう!」と感じるでしょう。

年に1~2回リピートすることも考えるなら、金銭面で無理がない範囲で施術してもらえるのかという点にも注目しておく必要があります。

どんなに腕が良く痛みも最小限で済むホワイトニングをしてくれるクリニックでも、あまりに料金が高額となれば通い続けることは難しいので、金銭面の比較もしておくようにしましょう。

ホワイトニング1回につき、約1~7万円まで差が出てくるので、事前にコースの値段をチェックしておくことは大切です。

ただ単に、安いからというだけで選んでも、痛みがあったり色戻りがしやすいといった可能性もあります。
そのため、事前にクチコミなどは、必ず確認してから来院した方が良いですよ。

ちなみに最近は、一般的な過酸化水素ではなく、ポリリン酸を使ったホワイトニングも増えています。

ポリリン酸の方が、歯の痛みや飲食制限のデメリットがないとも言われるので、ポリリン酸を使用の歯医者を探してみるのもオススメです。

あとは、自身の予算に合わせて、どこまで妥協するか決めておくとよいでしょう。
全部の歯を真っ白にするとなると、予想以上のコストと時間がかかります。

だからこそ、ある程度、自分の中で予算を決めて取りかからなければ、後々が大変。

ホワイトニングを行う歯医者では、契約コースが分かれている所も多いので、実際にカウンセリングをしてもらい、予算と要望に沿うコースを選ぶことが大切です。

お金がかかるものだからこそ、きっちりと納得した上で契約しましょうね(*^-^*)