ホワイトニングで守るべき3つのことってなあに?

煌めく真っ白な歯

マスク生活が当たり前になった今日この頃、人前では食事時以外に口元を見せないという方がほとんどではないでしょうか。

そのため口元を見せることは希少な機会となり、ある意味注目すべきところになったように思います。
なので、マスクを取るのが恥ずかしいなあ、と感じている人も少なくはないでしょう。

白い歯の女性

滅多に見せないからこそ、だからこそ明かした時に逆に注目を浴びる口元。
その口元を美しく見せて印象を良くしたいと、このマスク生活全盛期でもホワイトニングを希望する人は少なくありません。

ホワイトニングで、明るく爽やかで更には若々しい印象まで手にできます。
仕事や恋愛などにおいて、相手からの好印象を得るにはぴったりな美容かと思います。

ホワイトニングの注意事項3点

1、基本的には自前の健康的な歯しか白くできない

ざっくり言うと歯を漂白(ブリーチ)して、白くする施術なのですが、これは銀歯や白い詰め物、またセラミック歯などの人工物には効果が全くありません。

効果があるのは、健康な歯のみです

人工物が入っており、しかしホワイトニングで歯を真っ白にしたいと考えるならば、まず初めに銀歯を白い歯に取り替える必要があります。

また、白い詰め物もホワイトニング後を想定した、明るい白の樹脂に置き換えねばならず、少々面倒…。

2、虫歯や歯周病があって知覚過敏気味だと痛む

ホワイトニング薬剤が効きすぎてしまうとしみてくる可能性が発生します。

普段から強い自覚のある方はあまり積極的に行うのは避けたほうがいいかも。

3、ホワイトニング直後は飲み物や食べ物に制限がかかってしまう

施術直後は、できれば着色を避けられるように、色のついたドリンク・食べ物は避けなければいけません。
ワインやコーヒーが大好物の方にはかなりお辛いでしょう。

ちょっとだけ気を付ければ、誰でも白い歯は手に入る!

ホワイトニング前後にはちょこっとではありますが守らなければならないこと、気をつけるべき注意事項が3つあるので、その辺を気にすると良いホワイトニングライフを送れるでしょう。